外薗(ほかぞの)潤平の大学時代の画像が面白い!経歴を調べてみた

2020年東京オリンピック、セーリング男子470級 日本代表に決まった

外薗(ほかぞの)潤平

実は、JR九州所属の車掌という肩書を持つ人だった・・・。そんなお仕事をもちながら、オリンピックに出場て、興味津々。そして、名字が読めない(笑

今回は、このほかぞのじゅんぺいさんの小学・中学・大学時代について書いてみようと思います。ど~ぞ♪

スポンサードリンク

◆ 外薗(ほかぞの)潤平 プロフィール

生年月日1991.3.20
血液型O型
出身鹿児島県
身長・体重174cm、73kg
所属JR九州
学歴 鹿児島商業高校
日本経済大学 経済学部2013年卒業
好きな女優水川あさみ
好きなマンガ マキバオウ

◆◆小学時代

小学3年から6年まで、引き落としなど、小技を得意とする相撲少年だったようです。このころから体格が良かったのでしょう・・・

◆◆中学時代

中学では「好きな女の子がいたから」という理由で、長距離陸上に打ち込む。スポーツは得意だったのかなぁ~

◆◆高校時代

鹿児島商業高校に進学。やっと(笑)ヨット部に入部。入部理由が「好きな釣りができる」から。

◆◆大学時代

風の力のみで走っていく爽快感や自然と一体になる感覚に魅了され、「競合に入りたい」という気持ちから高校卒業後は日本経済大学に進学

2010年大学2年のときの写真が出てきました(笑

愛称がクルーの神ジュンペイジ

面白すぎるけど。外薗選手の部屋で撮られたものだそうです。

至ってシンプル。テレビがまさかのブラウン管??

メダカを飼っていたようです。奥にある一升瓶も気になります(笑

卒業時には後輩から「圧倒的な存在があった外薗さんは引退されてからも常に食卓のムードメーカー」と書かれていました。確かに体格もいい!!

大学4年生にもなると顔つきが変わってきてますね(*^_^*)なかなかイケメン♪

スポンサードリンク

◆就職先がJR九州!の車掌

2013年にJR九州に就職。制服姿もサマになってます♪

スポーツの特待があったわけではなく、一般と同じ、若手社員として勤務を始めたそうです。

就職してから約3年、福岡の新飯塚駅駅員を皮切りに、長崎本線や佐世保線などを走る電車の車掌を務めたそうですよ。

電車も運転してたなんて、経歴が面白すぎるし、一般で入社できたなんて成績も良かったのではないでしょうか。

◆ 外薗潤平オリンピック出場をうけて

西坂元町にある母校の鹿児島商業高校を訪問した際には、 「実際にオリンピックに出場する先輩を前にして驚きでいっぱい。毎日、部活動に明け暮れる私たちにとって励みになりました」と激励を受けたそうです。

「勤務変更が生じた時も同僚が不満を言わず、大変さを犠牲にしてまで僕を大会や練習に優先させてくれた。頑張らないと、という気持ちにさせてもらった」 と一緒に働いている仲間への感謝の言葉を話し、

最低でもメダル

と、抱負を語っています。

今後の予定は、練習拠点の神奈川県江の島沖で10月に行われる国際大会に出場、レベル向上のため11月下旬から海外合宿を行うそうです。東京オリンピックがますますたのしみになりました!

現在、ペアを組むトヨタ自動車東日本セーリングチームの岡田奎樹(23)(おかだけいじゅ)選手。イケメンじゃん・・・(*^_^*)

オカホカペア

がんばってくださーい♪

▼関連記事 岡田奎樹(おかだけいじゅ)美人彼女と結婚まじか?wiki風プロフィール

スポンサードリンク

One Reply to “外薗(ほかぞの)潤平の大学時代の画像が面白い!経歴を調べてみた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です