女性ライダー向けヘルメット(デザインやサイズ)の正しい選び方とおすすめの髪形やメイクを紹介!

ライダー歴8年、身長149㎝のアラィフ女性ライダーあるある記事へようこそ♪

まずは、二輪の死亡事故における損傷部位 第1位である、頭部に注目!!

死亡事故における損傷部位

表:二輪車乗車中事故負傷者の損傷主部位(単位:人)

 全損頭部胸部腹部顔部頸部背部腰部腕部脚部その他合計
平成29年(人)021124110200041

頭部を守るために必要な

ヘルメット

について、デザインやサイズの正しい選び方とおすすめの髪形やメイクまとめてみました。ど~ぞ♪

スポンサードリンク

◆ヘルメットデザインについて

ヘルメットは、たくさんの種類があります。

乗っているバイクに合わせてみたり、見た目で選んでみたり、人によりそれぞれですが

事故歴のあるわたしが絶対におススメするのが

フルフェイスヘルメット

なぜかと言えば・・・

もっとも安全性が高いから!

わたしも、フルフェイスのヘルメットに助けられました(*_*)ほかにもいいところいっぱい!!

  • 頭部から顔、アゴまでカバーしているので、顔を打ち付けるような転倒をした際のダメージは大きく変わる
  • 見た目のわりには通気性が考えられているヘルメットも多い
  • 風切音が少なく、ビーコムなども聞き取りやすい(ライダー同士で話すアイテム)
  • 冬は防寒になる
  • おおわれている部分が多いから日焼けしにくい
  • 雨の日でもどこも濡れない
  • メガネライダーに特化したヘルメットもある

◆女性ライダーにおすすめのヘルメット

ヘルメットの形はフルフェイスヘルメットに決まりましたね!次に考えるのが、メーカー選びです。ではどれだけのメーカーがあるのか?

  • Arai
  • SHOEI
  • OGK KABUTO
  • シンプソン
  • BELL
  • Y’S GEAR
  • リード工業
  • マルシン工業
  • 立花    などなど

日本メーカーに絞っただけでもこれだけ・・・ その中でも、二大ヘルメットメーカーに絞りたいと思います。

Arai(アライ)・SHOEI(ショウエイ)

なぜか??

ヘルメットにはいくつかの安全に関する規格があり、その中でも一番厳しいとされるスネル規格取得されていたり、イギリスの安全検査機関SHARPではアライよりショウエイの方が評価が高く世界シェアNO1などから、この2社に絞ります。

なにがネックか?

他メーカーに比べ高い!!

高いのにおススメするのは、安全性に加え、頭部にフィットするように考えられ作られているため、重さを感じず、クッション性がいいといこと。いいものはやっぱりいい!この結論に達するのです。

ライダーの間で語られていること。後悔しないヘルメット選びを。

メットの値段=命の価値

フルフェイスに抵抗がある人がまず考えるのが

  • 重たいのではないか?
  • 顔周りがきついのではないか?
  • 横が見にくいのではないか?

それらの抵抗をなくすためには、やはり頭部全体でヘルメットをかぶることができる感覚がもてるということが大事!

隙間があればそれだけ首や肩に負担がかかり安全性が損なわれストレスになります。そのようなストレスをなくしてくれるヘルメットがアライとショウエイなのです。

是非、店舗に出向いてかぶってみてくださいね(*^_^*)百聞は一見にしかずです。フルフェイスだってこんない可愛いヘルメットがたくさん出てきました。数年前までは本当になかった・・・



GT-AirII CONJURE
Z-7 HARMONIC

ちなみに、私のヘルメットはこちら・・・このヘルメット評判とってもいいですよ♪


◆ヘルメットサイズについて

自分の頭部サイズを測ってみましょう!

自分の頭の外周サイズをメジャーで測ります。

フリーサイズが存在するということもありますが、個人的にはあまりおすすめしません。

ヘルメット選びで大事なことは、

サイズが合っていること!

これしかありません!!デザインよりサイズなのです!

S、M、L、XLのサイズがありますので、必ず店舗に出向いてかぶってください。メーカーによって若干違います 。

ヘルメットが動くのはサイズが大きすぎる?

試着してみて、頭を振ってください。中で動くのは確実に大きいです。これで風を感じたら頭部を守るヘルメットにはならず、首や肩に負担がかかるだけになります。ワンサイズ小さいヘルメットをかぶってみてください。

顔が挟まれたようにキツイ?

これは確実に小さすぎます。もうひとつ上のサイズにしてください。小さいヘルメットは頭痛の原因になります。(わたし経験済 笑)

フィッティングカスタマイズサービスを利用する

何となく、いい感じのサイズが見つかったけど・・・違和感を感じる部分は全員の人が感じます。そのようなときはヘルメットの内装をカスタムしてくれるスタッフがいるショップに行きましょう

こういうことをしてくれるのもやっぱりアライとショウエイなんです!高くても納得でしょ♪

スポンサードリンク

◆女性ライダーおすすめの髪形

  • ポニーテールはヘルメット被れなくなるのでX
  • ストレートベリーショートは崩れにくい
  • ボブはヘルメットのところで確実にはねる
  • ロングヘアの場合は必ず、ウエアにしまってください(絡まって傷みます)
  • ワックスはヘルメットインナーを汚すので不可
  • 強烈パーマ以外はぺちゃんこになってる

ということで、おススメの髪形は

  • ショート → ストレートのベリーショート
  • ボブ   → 外ハネ覚悟で朝準備する、いい具合に外ハネしてます
  • ロング→ ゆるい三つ編みをしてウエアに入れる。ヘルメット取ったらゴム外しブラッシング♪

私は、現在ボブですがいい感じになります。ロングの時はアフターケアでしっかりやらないとすごく傷みますので、なびかせて走りたいところを…ウエアにしまってました(*_*)

そして、なにより、バイクを下りたら可愛い帽子をかぶってます。

イメージです(笑

休憩の度に、ブラッシングを丁寧にすることもおススメします。絡まりだすと手に負えません(笑

◆女性ライダーにおすすめのメイク

まずは、ヘルメット選びでインナーが外せて洗えるものにすること!

  • フルフェイスもジェットヘルメットも頬のパットでメイクは落ちます。
  • 眉毛もなくなります ←これ一番感じる!!
  • 濃い差し色を使ったメイクは× ←微妙に取れてパンダ目になる
イメージです (笑

メイク対策

  • 日焼け止めは必ずつけてください
  • ファンデーションは薄くして持ち歩き、ヘルメットを取ったら速攻トイレで化粧直し
  • アイブロウメイクをする前には、眉毛の油分をティッシュなどでしっかり抑えてフェイスパウダーを叩き込み落ちにくいアイブロウペンシルなどで眉毛を描く
  • 眉毛用トップコート ブロウコーティング Rで眉毛が消えるのを抑える(透明タイプなので何色のアイブロウでも合う)
  • 太陽の光を浴びているので、キラキラアイメイクをするとファンデーションが薄くても良い感じ
  • 口紅は保湿が少ないので保湿の高い色つきリップを



アラフィフ、基本、プチプラメイクです♪♪

◆まとめ

  • ヘルメットはフルフェイスタイプを
  • 高いが二大メーカー【アライかショウエイ】を (メットの値段=命の価値 )
  • 必ずお店に出向いてかぶる(フィッティングスタッフがいる店舗がおすすめ)
  • 髪の毛は空気に触れないようにしておく、夜のトリートメントは必須
  • ブラッシングは大きめのブラシで、休憩の度にこまめに
  • 帽子は持ち歩きましょう(ヘアの崩れをごまかす、日焼け防止)
  • ファンデーションは薄め
  • 眉毛は消えにくくするためにトップコートを
  • 日焼け止めは必須
  • アイメイクはキラキラするもの
  • リップは口紅より乾燥を防ぎながら色がつく保湿力の高い色つきリップを♪

女性ライダーの皆さん、安心安全なバイクライフを♪

▼関連記事 バイク好きorバイクに乗る女性芸能人の永野芽郁や比嘉愛未など【完全版】

スポンサードリンク

2 Replies to “女性ライダー向けヘルメット(デザインやサイズ)の正しい選び方とおすすめの髪形やメイクを紹介!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です