原口沙輔(SASUKE・サスケ)高校で彼女できた?趣味や両親もすごかった!

お父さんはバンドマン、お母さんは歌手という環境で育った

原口沙輔(サスケ)

8月7日、日本テレビ「スッキリ」に出演してましたね。今夜は、バズリズム02(日本テレビ)にも出演する、若干15歳の高校生ながら、世界で活躍しているサスケ君。

彼のこれまでの経歴と高校生なら彼女は?について調べてみようと思います

スポンサードリンク

◆サスケプロフィール・在籍高校が特徴的

本名 原口沙輔(はらぐち さすけ)
職業 トラックメーカー、作曲家、ドラマー、ダンサー
生年月日 2003年5月21日
出身地愛媛県松山市
身長157cm
出身 松山市立北久米小学校 ・松山市立久米中学校
在籍高校 角川ドワンゴ学園N高等学校

トラックメーカーは、音楽のバッキングトラックの制作者や、インストゥルメンタル楽曲の作曲家・編曲家を指す言葉である。

ウィキペディア(Wikipedia)
角川ドワンゴ学園N高等学校

小学校・中学校は地元で通っていたようですが、彼の職業がすでにあることから高校の通学が厳しいから、ということでしょうか?通信教育もしている沖縄県にある 角川ドワンゴ学園N高等学校に在籍しています。

2019年度の新入生代表の宣誓と曲はサスケさんがされたようですよ。もぅすでに有名人!!

ネット通信で高校卒業資格が得られるということで、 やりたい事や自分の夢に向かって時間が有効に使 える高校。彼のような仕事を持つ若い人にはとてもいいですね!中等部もできたようですよ(*^_^*)

◆高校で彼女できたかな?

「大好きな音楽に充てる時間が増えるから楽しみ」と期待を膨らませて入学。

いろいろ見てみましたが、お仕事に忙しいからか?彼女説はありませんでした。第一号は誰か?❤またそれも楽しみですね

◆サスケの経歴とこれまでの活躍

両親が音楽好きで、テレビをつけずに音楽だけを流していたみたいで、それに合わせて踊り出したみたいです。 2歳から踊り始め、 5歳くらいのときには、サンタさんがドラムをくれて、 6歳からガレージバンドで作曲を始める。やっぱり環境て大事ですね

10歳でニューヨークにある アポロシアターの「アマチュアナイト」で優勝!

これまでにつくった楽曲数がゆうに1000を超えているという彼。

2015年12歳のときには、 フィンガードラムパフォーマンスの 日本一を決める大会で準優勝!

2017年14歳の時に原宿で披露した路上パフォーマンスをきっかけに様々なメディアに取り上げられ話題。

2018年12月 元SMAPの 稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さん 新しい地図 join ミュージックの新曲「#SINGING」の作詞、作曲を手掛ける。

最新曲「J-POPは終わらない」をTV初の生歌披露♬

◆サスケくんの趣味

趣味でグラフィティも描く。服や音楽、そういうストリートな感覚は、ダンスからの影響が強いらしい。 作曲をソフトを使って本格的にはじめたのは、小学校6年生 からということだから、こういうことに長けていたのでしょう。

グラフィティもすばらしいですね❤

◆サスケくんのツイッター

◆サスケくんのインスタグラム

https://www.instagram.com/sasukeharaguchi/

高校生もこうやって自分の好きなことを見つけ、自分の道を進む。学校に通学しなくても卒業できる学業も身につけ、仕事もがんばっている。本当に素晴らしいと思います(*^_^*)

今後の活躍にも期待します!!日本人がこのような分野で羽ばたいてほしい!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です