新型コロナウイルスの治療薬バリシチニブ、発見か。どんな薬で値段や副作用は?

過去にも新型ウイルスにより、世界&日本は戦ってきました。

1889年~現在 ロシアで始まったインフルエンザ

       (抗インフルエンザ薬&ワクチン開発)

2002年~2003年 SARS(治療法は確立されておらず、対症療法)

2012年~ MERS (治療法は確立されておらず、対症療法)

2019年~ 新型コロナウイルス

なぜ、今回の新型コロナウイルスだけが不安と恐怖の感覚にとらわれるのか。

それは、やはり過去の感染症よりも日本への影響力が多いからです。

そして、ワクチンができるまで治療法が見つかるまで、抗ウイルス薬が開発されるまで三密(密集・密接・密閉)を守り、感染数を減らしていく努力をしなければならない。

そんな中、ちょっと明るいニュースが飛びこんできました

新型コロナウイルスの治療薬になるのでは?

その名も

バリシチニブ

舌を噛みそう・・・(笑

初耳なこの薬について、

どんな病気に使われてきた薬なのか?その時の副作用は?など調べてみました。

ど~ぞ♪

“新型コロナウイルスの治療薬バリシチニブ、発見か。どんな薬で値段や副作用は?” の続きを読む
スポンサードリンク