番組欠席の高田純次の若い頃や病気歴と現在について。絵のクオリティや愛車遍歴がすごい!

「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)の収録を、番組側の判断で欠席することになった

高田純次さん(73歳)

「テキトー男」や「ミスター無責任」と名高いベテランタレントですが、

上沼恵美子さんと高田純次さんおコンビはとっても大好き!!

この新型コロナウイルス時期に、番組サイトから欠席の判断というのも気になります・・・。

今回は高田純次さんの若い頃や、これまでの病気など、絵や車など多趣味を調べてみました。ど~ぞ♪

スポンサードリンク

若い頃

元々俳優志望だった高田純次さん。

16歳にしては、老け顔??笑

そんなに変わってない??笑

1965年にスタートした 日本初の深夜のワイドショー番組『11PM(いれぶんぴーえむ)』に出演し、コメントの面白さに大人気!

この時まだ高田さんは18歳!

病気歴と現在は?

「こないだ、お医者さんには『余命45年』って言われちゃったよ」と話していたのは66歳の時。

何歳まで生きる気ですか?笑  いつものテキトー発言で良かったです♪

2015年1月68歳、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄(きょうさく)症の“W手術”

2017年1月70歳、鼠径部(そけいぶ)ヘルニアの手術。1月6日は脱腸の手術

まぁ73年も生きてきたら、あるよね・・・という感じでそこまで多いイメージはありません

そして、今回の『番組欠席』に関して『うつ』という噂もありますが

平日の午前中、『じゅん散歩』(テレビ朝日系)でこの男の姿はある。「コロナでも生き方は変えないよ」73歳高田純次が明かす人生哲学

引用元 2020年05月06日FRIDAY

5月上旬に、インタビューなどにもこたえているようですし、『うつ』の確証もありませんし、

番組冒頭では、上沼さんが「東京の新型コロナウイルスがちょっと落ち着いていない感じなので、またご高齢でしてね。何かおっちょこちょいで」と笑わせてくれたのを聞いていると

深刻な状態ではなく、「番組を忘れていた」などそのような理由だといいですね!

スポンサードリンク

絵が上手?

実は高田さんは、東京デザイナーズ学院グラフィックデザイン科卒業で、サラリーマン時代もジュエリーデザイナーとしてデザインを描いていた。

しかし、そのような環境ではなくなり、デッサンから離れていたようですが・・・

朝の散歩番組『じゅん散歩』で、高田純次さんが番組中の散歩中に「ここいいなぁ」「ここ描けるなぁ」と言いながら、30~40分で仕上げる絵は、極細のサインペンとペンタイプの水彩道具で描いていた

その絵を見たスタッフがそのクオリティーに驚き、番組のオープニングでも使われるように。現在ではその数も100を超えているとか。

ではそのスタッフも驚くクオリティの高田さんの絵を見てみましょうか

2018年3月に東京国際フォーラムで開催された「おとなランド」絵散歩展で、これらの絵が展覧されたようです。

いつもおしゃべりな高田さんが、じっと向かっている姿はいつもの雰囲気と違いますね。

じゅん散歩を見逃した人はこちらTVerから観れますよ

車好き?愛車遍歴

高田純次さんの愛車遍歴は、

日本車はスカイラインGTR、スカイライン2000GT(ケンメリ)、クレスタ、マークII、

ドイツ車はアウディ、ベンツ、ポルシェ、BMW、

イタリア車はオースチンヒーレー、アストンマーチン、ベントレーなどの計33台

一貫性のない車の選び方(笑

そしてそんな大好きな車で接触事故を起こしニュースにもなりましたね。ただの接触事故ならここまで大きく取り上げられなかったと思いますが、『当て逃げ』という話でニュースになりました。

2019年4月、首都高で高田が運転する車が男性の車の左後部に衝突したものの、高田はそのまま追い越して止まらず。男性が高田を追いかけると、高田は首都高から降りたところで下車。

まぁ首都高だったから、とりあえず進んだのか?ちょっとわからないけど、走り続けては『当て逃げ』と思われても仕方ないでしょうね

この時に乗っていたのは『ポルシェ』だと言われています

高田は過去に2度交通事故を起こしたことがあるようなので、年齢の事も考えると、そろそろ・・・ね!(^^)!

幅広い趣味!

映画観賞 野球観戦 競馬 クルマ バイク ゴルフ

なかなか幅広いですね。でもどちらかといえばアクティブ!!

高田は自他ともに認める乗り物好きで、学生時代から自分で稼いだカネでバイクを購入し、乗り回していたと話をしていたこともあるほどバイクも好き

1989年、1990年には、2輪界最大のイベントともいわれる『鈴鹿8時間耐久ロードレース』にチームを結成して参戦したこともあるそうですよ。

ここに、『デッサン』は、趣味にはならないのかなぁ♥

男性芸能人・有名人のライダーorバイク好き最新版【バイク画像有】

バイク好きorバイクに乗る女性芸能人の永野芽郁や比嘉愛未など【完全版】

プロフィール

本名高田 純次(たかだ じゅんじ)
出身東京都 調布市
生年月日1947.1.21
血液型O型
身長175㎝
学歴調布市立第二小学校
 調布市立第三中学校
 都立府中高校 
 東京デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業
趣味映画観賞 野球観戦 競馬 クルマ バイク ゴルフ
特技イラスト どこでも寝られる 眼球を素早く動かす
資格宝石鑑定鑑別士 古物商 大型二輪免許 4級小型船舶

幼い頃に兄を肺炎でなくし、さらに母親も32歳で亡くなっていた

父親が再婚してからは、再婚相手とその連れ子(妹と弟)の5人家族で育った

高校は東京にある公立高校の都立府中高校-。有名な卒業生には歌手の布施明さんや俳優の) 吉沢亮さん

成績優秀で天才と呼ばれる程で、弁護士を目指していたようですが、入試に失敗し東京デザイナー学院グラフィックデザイン科に入学

経歴

1971年24歳、「自由劇場」の研究生となる。

1972年、イッセー尾形氏らと劇団を結成

その後、4年間はジュエリーデザイナーとしてサラリーマン生活をする。ちょうどそのころの

26歳、劇団員として一緒に活動していた一つ年下の日本舞踊市販の資格を持つ高田勢子さんと結婚

1976年29歳、長女の祐子さん誕生(文化服飾学院を卒業し、現在は「タージュ(TAGE)のデザイナーとして活躍中

1977年30歳、劇団「東京乾電池」に参加。

1980年32歳、次女誕生(現在は2児の母で銅版画作家)

1989年42歳、独立し、(株)テイクワン・オフィスを設立。現在も代表取締役

現在所属しているのは、高田純次、西秋元喜、長澤元樹。誰も知らない(笑

麻木久仁子、高嶋ちさ子、河合美智子、岸部一徳さんは以前所属していたようですね。

お子さんが小さい頃に、コマーシャルの『花王』や『黄金のタレ』で親子共演も果たしています

まとめ

新型コロナウイルスのなかでの、番組欠席の高田純次さん。とても心配です。

若い頃は俳優を目指し、イケメン~

サラリーマンとしてジュエリーデザインをしていたころもあるそうです。

病気はヘルニアなどを数年前に、うつの噂もありますが確信はありませんね。

デザイン学校を卒業されているだけあって、番組内で披露したデッサンのクオリティが高く、展覧会にも出展したことがあるようです。

その血をひいたのか、長女の祐子さんは、ファッションデザイナーとして国内で活躍中。

また、高田純次さんの趣味は幅広く、特に乗り物好きということで、現在バイクを乗っているような情報はありませんでいたが、愛車遍歴はすごかったですね!

73歳というご高齢。体調にも運転にも気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

3 Replies to “番組欠席の高田純次の若い頃や病気歴と現在について。絵のクオリティや愛車遍歴がすごい!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です