渋沢栄一が愛した妻とのエピソードや手紙の内容とは。妾や庶子など何人いた?

2021年吉沢亮主演の大河ドラマ 『青天を衝け(せいてんをつけ)』での

主人公・渋沢栄一

『論語』をベースとした道徳を持ち、「日本の資本主義の父」と呼ばれ、幕末から昭和初期に実業家として活躍した偉人。

清廉潔白なイメージを持ちますが、『明眸皓歯(めいぼうこうし)に関することを除いては、俯仰天地(ふぎょうてんち)に恥じることはない』と語っているように、

美女には目がなかったようですね~

今回は、渋沢栄一さんの実業家の面ではなく、一人の男としての人生を見てみたいと思います。

結婚して愛した妻や子供、妾や庶子、現在の子孫は誰なのか、まとめてみました。ど~ぞ♪

“渋沢栄一が愛した妻とのエピソードや手紙の内容とは。妾や庶子など何人いた?” の続きを読む
スポンサードリンク