スノーピークランドステーション白馬オープン!レストランやカフェは?混雑状況

2020年4月、長野県北安曇郡白馬村 に

スノーピーク初の体験型複合施設

Snow Peak LAND STATION HAKUBA

がオープンしますね。

どのような施設なのか?どんな店舗が入るのか?バーベキューなども楽しめると聞いたので調べてみました。ど~ぞ♪

スポンサードリンク

◆ スノーピークランドステーション白馬 とは?

株式会社スノーピーク が 2020年4月 、長野県北安曇郡白馬村大字北城 白馬八方第四駐車場 あたりに体験型複合施設をオープン予定。

デザインをしたのは、 隈研吾さん。

雪の結晶をイメージした木組みが特徴の天井部分は、フォトスポットとして人気を集めそうな設計になっているそうですよ。いわゆるインスタ映えでしょうか❤

この施設は3つのエリアがあり、

「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」に分かれている

スポンサードリンク

◆店舗エリア

① 国内最大級のスノーピーク直営店

キャンプ用品からアパレル、ここでしか手に入らない限定商品や地元物産品の販売も行われる。

②レストラン

ミシュラン 三ツ星 を獲得した「神楽坂 石かわ」の石川秀樹監修のレストラン

石川さんは、スノーピークが創業し現在でも本社を置く、新潟県、燕三条地区出身だそうです。この関係性もあるのかしらね。

白馬で採れた素材をいかした、とっておきグルメを楽しめる。

提供されるだけではなく、 収穫・クッキングイベントやアウトドアディナーなどの体験できるような感じになるそうですよ。

③カフェスペース

スターバックスコーヒー

フィールド近接初出店らしいけど、このあたりにもあるスターバックスか・・とちょっと残念(>_<)

◆ 野遊びエリア

  1. てぶらバーベキュー
  2. モバイルハウス「住箱―JYUBAKO」宿泊
  3. 手軽にキャンプ体験

①てぶらバーベキュー

ほかの店舗での情報です↓

BBQサイト代10,000円 + 日帰りキャンプ場利用料(人数分) + BBQ食材費(人数分)
※日帰りキャンプ場利用料:大人500円(税抜)、小人300円(税抜)

②住箱宿泊について

新潟県三条市 に住箱宿泊の情報があったので、白馬も同じような感じではないか、と思います。

新潟県のキャンプフィールド情報を記しておきます↓

住箱と前面野外スペース約6m×10mが利用でき、調理したい場合は、屋外で、道具を持ちこむか、レンタルするか。

テントを立てずにキャンプが楽しめる、という感じだよね!

ご利用料金 1~3名様 /10,000円(税込)4名様 /15,000円(税込)+ご利用料金(人数あたり)

利用料金は 宿泊 大人(15歳~):1,500円(税抜) 小人(3~14歳):500円(税抜) 2歳以下:無料

イベントエリア

  • マルシェ
  • 焚火を体験できる

◆まとめ

オープンまで2か月!

手ぶらでバーベキューやキャンプ、アウトドアが気軽に楽しめそうな施設のようです。

まだまだ情報がなく、詳細がわからないので、追記&訂正していきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です