デビュー前の中澤卓也の動画!家族も有名人。全然似ていない家族に笑った~紅白出場2020期待

若干24歳にして、第二の氷川きよしさんか?というくらい演歌界の注目の新星

中澤卓也さん

これが、演歌歌手さんですか?というルックスに雰囲気。

確かに第二の氷川きよしさん、ていわれるだけあるね。

今回はこの新星、中澤卓也さんのデビュー前の貴重な歌っている姿や、兄弟も有名人?という噂は本当~?など調べてみました。ど~ぞ♪

スポンサードリンク

プロフィール

生年月日1995年10月3日
出身新潟県長岡市生まれ
学歴長岡市立上川西小学校
長岡市立江陽中学校
NSGグループの開志学園高等学校
所属日本クラウン
身長178㎝
血液型A型
趣味スニーカー集め、ドライブ
特技モータースポーツ
好きな食べ物ラーメン、スイーツ

幼少期からモータースポーツに興味を持ち、小学校3年生の頃からプロのレーサーになるのが夢だった。

中学生になり、レベルが上がってくると遠征費、マシンのメンテナンスなど費用も掛かってくる。

援助してくれるスポンサーを探していたが、結局、高校1年生の時にレーサーの夢を諦めてしまう。

もちろんドライバーライセンスも取得している。

デビュー前の中澤卓也さん

経歴

17歳、第9回古町音楽祭のときグランプリを受賞したときの映像です。

手拍子を誘ったり、なんて堂々としてるの?!

ギターの弾き語りもできるそうですね、もう多才じゃん

▽関連記事 同じ音楽祭に出場していたのが↓

中学聖日記の主題歌を歌うUru(ウル)の性格は? 父との関係からテレビ出演が少ないのか。

2013年3月31日、高校卒業前に、祖母のすすめで地元の新潟県長岡市で開催された『NHKのど自慢』に出場

あっというまに、チャンピオンに!!

この時に歌ったのが森山直太朗さんの「さくら」

もともとコブクロや、高橋優などのポップが好きだったようです。

そして、この放送を見た日本クラウンからスカウトの電話を受け、作曲家の田尾将実に弟子入りという、なんというサクセスストーリー!

2015年、日本クラウン新人オーディションで準グランプリを獲得

2017年、日本クラウンより『青いダイヤモンド』でデビュー

ーー受賞歴ーー

  • 第50回日本有線大賞有線奨励賞
  • 第59回日本レコード大賞新人賞
  • 第32回日本ゴールドディスク大賞 ベスト・演歌/歌謡曲ニューアーティスト賞
  • 第41回松尾芸能賞新人賞

2019年、『ももいろ歌合戦』でテレビ初出場

見逃した方はこちらから観れますよ この時も「さくら」を熱唱~♪ 声が柔らかいね~

2020年、演歌・歌謡曲歌手としては史上三人目となる「第41回松尾芸能賞」新人賞を受賞。

BS朝日『人生、歌がある』の司会に抜擢。五木ひろし、布施明に続く三代目MCとしての起用に、中澤卓也さんへの周りの期待がうかがえますね。

どうして演歌歌手?

ポップが好きでポップを聞いていたし、歌っていた中澤さんですが、なぜ演歌になっちゃったんでしょうね。

最初に弟子入りした田尾先生が演歌からポップスの中で、中澤さんにあう居場所を探していたようです。

最初は歌謡曲、そして徐々に演歌へと。

そして、演歌歌手デビュー!

そこまでこぶしが強くないから心地よく聴ける感じがして好印象ですよね。

スポンサードリンク

家族の有名人は誰?

両親、兄、弟、卓也さんの5人家族。卓也さんは3兄弟の真ん中だったのですね

この中の誰が有名人なのでしょう・・・

実は、2017年の紅白歌合戦に兄が出演したというんです!

中澤卓也オフィシャルブログにも書かれています、こちらから>>

卓也さん先を越されちゃいましたね( ;∀;)

出典 中澤卓也オフィシャルブログ

80番のゼッケンをつけている人がお兄さんですね。槇原敬之かと思ったじゃん!!

卓也さん本人も「あ、どうも、似てない兄弟です(笑)」とブログに書いてある通りですね。

で、黒のジャケット着ている隣の人誰?笑

レコード会社の先輩である演歌歌手・三山ひろし(みやまひろし)さん

三山さんがけん玉でギネス記録に挑戦するということで、卓也さんのお兄さんもけん玉をやる人での出場だったようです。


ギネス世界記録への挑戦は三山さんが歌っている間にステージに並んだ123人と、歌い終わった三山さんがけん玉にチャレンジして124人成功で、ギネス新記録達成のはず・・・・

だったけど、14人目のメンバーが失敗して新記録にはなりませんでした。緊張しちゃうよね~(泣

お兄さんは、『ストリートけん玉』の世界では結構有名人らしいですよ!そしてPRIVILEGE NIIGATAの店長さんらしいです。この写真はお店の前ですね

にしても、やっぱりタイプが違いすぎる!!ってことで弟が気になるじゃん

ちょっと情報がありませんでした。

公式サイト紹介

まとめ

ドライバーライセンスも取得しプロのレーサーを目指していた中澤さん。お金のかかり断念していたところに

祖母が応募した「歌ののど自慢」でグランプリを取り、それを見ていた日本クラウンがスカウトをし、あれよあれよと演歌歌手としてデビュー

甘い顔に、すらっとしたルックス、こぶしが聞きすぎない演歌に第二の氷川きよしといわれている新星。

兄、弟がいる中澤さんですが、一足早くお兄さんが紅白歌合戦に出演。

2021年こそは、ぜひ、中澤卓也さんが紅白歌合戦に出てもらいたいですね。応援しています。

スポンサードリンク

2 Replies to “デビュー前の中澤卓也の動画!家族も有名人。全然似ていない家族に笑った~紅白出場2020期待”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です