アベノアプリ「まもりあいJAPAN」使い方や居場所の特定は?プライバシーや電池消耗も気になる

6月中には配信がスタートするといわれている濃厚接触通知アプリ

まもりあいJAPAN

至近距離に一定時間居た人数を把握し、人との接触率を分析したり、接触回数が多い場合はアプリを通じて警告が出たりするようです。

濃厚接触の定義は 1メートル15分以上の接触確認

自分の行動も把握でき、また自分が新型コロナウイルスに感染した場合、その付近にいた人たちにも通知されるらしいこのアプリ。

使い方や位置情報はオン?プライバシー守られるのか、また電池消耗も気になったので調べてみました。ど~ぞ♪

スポンサードリンク

「まもりあいJAPAN」てどんなアプリ?

もちろん、無料アプリでしょう

スマホに内蔵された「ブルートゥース」を使い、至近距離に一定時間いた人数を記録し、人との接触率を分析する。

感染者が検査の陽性情報を入力すると、過去の一定期間内に近くにいたスマホの利用者に警告する仕組み

接触回数が多い場合はアプリを通じて警告が出るほか、接触率の推移も確認できる。

まもりあいJAPAN」使い方

原則として「1国1アプリ」なので、

日本の場合は「まもりあいJAPAN」というアプリのダウンロードから始まるのでは?

居場所の特定やプライバシーは大丈夫?

今の時点では、位置情報ONまでの設定はなさそうなので、自分がいつどこに居たか、などが必要ではなさそうです。

匿名IDのみを使用する非常にプライバシーに配慮した設計

どの匿名IDといつ出会っていたのかはスマートフォンアプリの外には出ない仕組み

あくまでも自分がいたところにどれだけの人が濃厚接触していたかをアプリの中だけで把握なのですね。

スポンサードリンク

陽性者と接触していたら?

もし自分のアプリが保存している匿名IDのなかに、受信した陽性の方の匿名IDが存在していたとすれば、それは陽性の方との濃厚接触の可能性があったことを示す。

もしマッチしていたら「濃厚接触の可能性がある」とアプリの画面を通してお知らせがくる

この通知に関しても、照合の仕組はあくまでアプリの中で行われるため、その画面をみた本人が誰かに伝えない限り、誰にも知られることはない。

電池消耗は?

Bluetoothは消費電力が少ないことが特徴

「まもりあいJAPAN」アプリによる電池消耗はダウンロードのみなのでWi-Fi環境があるところであれば、気にすることはなさそうです。

では、ブルートゥースをオンにした場合はどうでしょうか。

こちらは、1時間ほどオンにした場合だと2~4%の使用量にとどまっています。

ということは、バッテリー状態が良ければ、気になるような電池消耗ではありません。

ただ、やはり使わないときはオフにしておくといいでしょう

まとめ

3月下旬からとある団体が進めてきた「まもりあいJAPAN」。

5月8日には厚生労働省が主体となって接触確認アプリを開発すると決定し、6月中の配信を予定していますが、プライバシーが守られるのか1番気になるところでは?

開発を進めてきた団体の情報をまとめると、アプリの中だけの仕組みのようなので大丈夫そうですね。

自分が濃厚接触をどれだけしたか、などの推移も分かるし、陽性の人がいた場合「あなたの近くに陽性者がいましたよ」という警告をだしてくれる。

そしたら、自分が外出を控えるという行動がとることができる。

これは、新型コロナウイルスを広めないとても重要なアプリのような気がします。

とはいえ、やぱり携帯を持っている人、且つこのアプリを使っている人限定の話になっていますので、普及率が気になるところですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です