ジブリパークの入場料やアトラクションが気になる!年間パスポートはあるのか

本当にできるのか・・・コロナ騒動で話が流れてるのか・・・

そんな感じに見えていた

ジブリパーク

ですが、工事も着工されることになりました!!

待ってたよぉ~~

今回は、ジブリパークの完成はいつなのか、どんなエリアがあってそこにはどんなアトラクションがあるのか、入場料など最新情報をまとめていきたいと思います。ど~ぞ♪

スポンサードリンク

ジブリパークの開業日は

当初予定通り、2022年秋と2023年秋の2段階

アトラクション

スタジオジブリのアニメ作品の世界観がテーマで五つのエリアができる

・映画「ハウルの動く城」の空想科学の世界などを表現した「青春の丘エリア」

・映画「となりのトトロ」をモチーフにした「どんどこ森エリア」

・展示室や上映設備、カフェを設ける「ジブリの大倉庫エリア」

2022年秋に開業するのはこの3エリアのみ

残り2エリアは、2023年秋の開業を予定していて、「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」

青春の丘エリア

イメージは『ハウルの動く城』

公園北入り口に近く、ジブリパークの象徴となるエリアになる予定

今あるエレベーター棟を映画『ハウルの動く城』などのジブリ作品に代表される、19世紀末の雰囲気に改装予定

どんどこ森エリア

こちらには、現在も人気の「サツキとメイの家」がありますね

イメージは、「となりのトトロ」

ちなみに“どんどこ”とは、サツキ、メイ、トトロが、蒔いた種の発芽を願って踊ったダンス“どんどこ踊り”に由来されているそうです

裏山の森に散策路を再整備中。「となりのトトロ」に出てくる社(やしろ)が設けられるということです。

ジブリの大倉庫エリア

イメージは、『千と千尋の神隠し』

不思議の街をイメージした空間になり、ジブリ作品の保管・保存を行う展示室や子どもの遊び場になる予定

ここは、愛・地球博記念公園として温水プールと使われていた場所。

屋根があるので、天候に左右されずに楽しめるエリアになりそうですね!

ちなみに千尋のお父さんがおいしそうに食べているこのブヨブヨの食べ物(笑

シーラカンスの胃袋だって~~

もののけの里エリア

イメージは、『もののけ姫』のタタラ場

里山づくりの実験場「あいちサトラボ」の敷地内に作られるエリアで、体験スポットになる予定。

現在のサトラボ
タタラ場

タタリ神や乙事主(おっことぬし)をモチーフにしたオブジェの設置もされるようです。

なんかこわくない?!笑

タタリ神
おっことぬし

魔女の谷エリア

イメージは、『ハウルの動く城』『魔女の宅急便』

現在の愛・地球博では利用されていない場所を開拓するらしいですね

物語に登場する「ハウルの城」、キキとジジの家「オキノ邸」、遊戯施設、休憩・レストランなどの複合施設になる予定

ハウルの城
オキノ邸

というか、このエリアの開業が後ということは、休憩スポットなどがないということなのか??

スポンサードリンク

入場料は

大村知事のよると、各エリアの施設ごとに入場料を取る形を想定しているようです。

こういうのって一番嫌じゃない?

メインゲートで一気にお金を払いたい(笑

愛・地球博は確かに入場料が不要で、プールやスケート、サツキとメイの家には別途入場料があったので、それと同じ感覚なのかな。

ちなみに「サツキとメイの家」は【入場料】大人¥520/小人(4歳以上中学生以下対象)¥250なので、これくらいの料金なのかな、

詳細が発表されたら追記していきます!

ジブリパークのロゴのデザインは誰?

余談になりますが・・・とても素敵なこのロゴ

なんと、『ジブリ』は宮崎駿が描き、『パーク』は鈴木プロデューサーが、真似して描いたとか。

鈴木プロデューサーて誰??笑

スタジオジブリ代表取締役プロデューサーの鈴木敏夫氏のことでした。左端の白髪の方ですね。

『となりのトトロ』や『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』などの生みの親ですね

まとめ

大村愛知県知事の熱烈なアプローチから始まったこの「ジブリパーク」構想。

2017年「ジブリパーク構想推進室」が設立されてから5年

2022年秋に開業しますね!

みなが愛する「ジブリの世界」のテーマパーク、楽しみです。

ジブリパーク長久手の混雑状況は?駐車場やアクセスの攻略法と事前に予約!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です