林マヤの若い頃はパリコレモデル?高校もすごい!借金理由や再婚した旦那や子供?との現在は

日本でタレントとして活躍していた

林マヤ

パリコレモデルだったの?

高校時代や社会人エピソードや、これまでの人生の強運と転落に至った経歴と旦那さんや子供は?現在、など まとめてみました。ど~ぞ♪

スポンサードリンク

若い頃の画像

紆余曲折な若い頃を過ごしたマヤさんですが、2度の偶然で幸運を手にします。

林マヤさんの身長は171㎝

20代のころは、

  • 日本人として初めてファッション誌『マリ・クレール』フランス版に登場
  • 1980年代中盤にはパリ・コレクションにも出演

実は、モデルとして海外ではかなり活躍していました。

アジア人の独特な雰囲気と中世的な顔立ちがとても印象的。

このころは、ステージに立てば数千マ円の世界で、1万円が小銭のように感じる程収入があったそうです。

しかし、ここまで来るのに、なかなかの人生が(笑。

さかのぼってみましょう。

高校時代と1度目の結婚

林マヤさんは、高校時代「スケ番」だった!

アフロヘアーで制服のスカートを長くして引きずって歩いてた跡があることから、あだ名が「ナメクジの理枝(←これ本名)」

まぁこんな感じよね(笑

高校は、長野県小県東部高等学校。現在は東御清翔(とうみせいしょう)高等学校に名前が変わっていて、偏差値37

まぁ容易に入れる高校かもしれないですね。

卒業生もプロ野球選手の岩下守道さんと林マヤさんのみですね

高校卒業後は、上京して就職するが、就職先の寮で門限破りを繰り返し2週間で退社。

まぁスケ番だからね(笑

風呂なしのアパートに住みアルバイト生活をスタート

風呂がなかったので銭湯に通っていると、東京でモデルをしていた高校時代の友人と偶然再会し、モデル事務所を紹介されたが、

当時日本では「可愛い系」がはやっていて「スケ番系」ではなく「個性派」のマヤさんの活躍はなかったようですね。

当時、パンクファッションに憧れていたマヤさん。

確かに似合いそうですね!

事務所を辞めてパンクの本場ロンドン行きを決意

経由地のパリのカフェで、世界的に有名なカメラマンであるピーター・リンドバーグと偶然出会う

ピーター・リンドバーグはドイツ出身で世界を代表するファッションカメラマン

ナオミ・キャンベル、ジェニファー・ロペス、マドンナ、ブラッド・ピット、シャロン・ストーンら多数の外国人の中に唯一、林マヤさん。

この出会いで、ファッション誌『マリ・クレール』フランス版に登場することになり、そのままパリに滞在して現地の事務所に入り、活動を続ける。

そして、このころに一度結婚をしていますが、離婚

その時の情報は、まったくありませんでした。フランス人だったのかなぁ~~♡

1986年28歳、プロカメラマン兼野菜文化研究家である笛風呂タオスと再婚

一度目の結婚と離婚はいったいいつなんだ??

1991年33歳、歌手デビュー

1996年38歳、資生堂エリクシールのCMに出演したことで注目を集め、『anan』には毎号トップモデルとして登場

東京とパリを往復する生活を10年間続けたそうですね

日本では受け入れられなかった林マヤさんが、パリでは受け入れられ、10年後の日本で受け入れられる。

日本は、他国から10年も遅れている感覚を持っているとしか思えないですね”(-“”-)”

スポンサードリンク

1億円借金の理由は

“自分への投資”や“独りよがりのホンモノ指向”による散在。

20代で一気に大金を手にしたマヤさんは、

  • 日本で買える「アメリカサンタカフェ」のアクセサリーをわざわざアメリカまで買いに行った
  • 高級ベッドを一晩で買い換える
  • 1991年にジャズ歌手としてデビューしたときのプロモーションビデオの制作やライブ会場代など“自腹”で出費 などなど

気づけば、借金1億円だったそうです。

旦那や子供との現在は

私生活でもマヤさんは、2度の旦那さんの行動で助けられます

結婚して34年。

借金地獄だったため、旦那さんと富士の樹海にまで行ったこともある

崖の麓に車を止めていると、風が吹き、その先に目を向けるとソフトクリームののぼりが見えた。しばらく食べていなかったので、最後ぐらい食べようとしたが持っていない。だが、その分だけのお金を車の中で発見して、ふたりで分けて食べた。

すると「美味いな」と夫が言った言葉が響き、「もっと美味しいものを食べさせてあげたい」と思い、人生をやり直すことにしたそうだ。

https://www.excite.co.jp/news/article/Mycom_freshers__gmd_articles_16692/?p=2

踏みとどまることができたのは旦那さんの一言「死ぬ前にアイスを食べよう」

林マヤさんは、やっぱり強運というかなにか持っているような気がしますね。

借金返済をしていく生活なの中でマヤさんは拒食症にもなり、50歳の時に、借金がゼロに。返済には17年かかったそうです。自己破産申請せずによく返済しましたよねぇ~~

拒食症を助けたのは、旦那さんのタオスさん

憔悴しきったマヤさんのために茨城の農家で野菜作りを学び、色とりどりの野菜はマヤさんの心身の復活になったようです

2008年、茨城県守谷市へ移住し、4LDKの一戸建てで、庭にはハーブ園。家賃は約10万円。

現在はこの土地でマヤさん夫婦は野菜作りをしています

おふたりのこちらのブログで素敵な生活を見ることができますよ

マヤマヤ&タオスの「農ドリーム農ライフ」畑から食卓まで

さすが、カメラマンだわ(笑。写真がどれもキレイ・・・

現在お二人とも62歳。お子さんはいないようですね

にしても、現在も美しい~~!!

プロフィール

生年月日1958年2月23日
本名大内理枝(おおうちりえ)
出身長野県上田市
身長171㎝
血液型O型

まとめ

たしかに、20年ほどまによくテレビで見ていた「林マヤ」さん

ちょっと色黒の人だったよねぇ~

高校時代から目立っていて(笑、人生いろいろと起きていますが、すごく強運の持ち主なのでは?と思うようなこともたくさんエピソードにありました。

現在は、心身ともに健康で夫婦仲良く農業を楽しんでいるようで良かったです。

今後レストランとかやってくれたらいいのになぁ~借金しないでね(笑 ヨンデクレテアリガト

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です