雨天可能?ブルーメの丘アルプスジム、子供と体験!混雑状況と割引・予約方法。

2019年3月1日にオープンした、

滋賀農業公園ブルーメの丘の巨大アスレチック施設『アルプスジム』

に行ってきました!

ドイツ製・ 西日本最大級の大型アスレチックで、「1階から4階」までの4層構造、高さ17m!

屋外アスレチックのため、雨の日でもできるのか?割引や予約、混雑状況をレポートしたいと思います。

スポンサードリンク

◆滋賀農業公園ブルーメの丘

◆◆アクセス・駐車場料金

滋賀県蒲生郡日野町大字西大路843

駐車場はとても広く、駐車料金もかかりません。駐車場から見えるので園内への入り口も迷うことなく到着

◆◆営業時間と休園日

期間開園開園閉園
シーズン中 3月1日~11月30日平日10:0017:00
土日祝9:3018:00
冬季期間中 12月1日~2月28日全日10:0017:00

 休園日

期間
シーズン中 3月1日~11月30日毎週水曜日水曜日が祝日の場合は営業します。GW、夏休みをは営業します。
冬季期間中 12月1日~2月28日毎週水曜日・木曜日冬休みは営業します。降雪等により臨時休園となる場合があります
対象金額
一般おとな(中学生以上)1000円
 こども(4歳~600円
幼児(3歳以下)無料
ワンちゃん300円

◆◆ブルーメの丘割引情報

  • 12月から2月の冬季は半額
  • JTBと提携してるコンビニ(ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート・サークルK)   前売り引換券(300円割引)
  • よくあるJAF会員割引はなさそうです

◆必須!!アルプスジムの受付

アルプスジムは予約ができないので当日受付先着順。

まずは!!アルプスジムの受付を済ませておくことをおススメします!!

身長100㎝以上3歳以上からやれるんですね、保護者同伴だけど♪

アルプスジム全容・やっぱり見上げるとでかい

◆◆アルプスジム利用料金

入園料とは別でかかります

アルプスコース(2F・3F・4F)一般:3,000円
小学生:2,000円
学割:2,500円
※利用時間は60分
(安全器具装着・講習時間を含む)

※身長125cm以上、体重120kg以下の人が利用可
※2019年4月25日から140㎝以上でも保護者同伴(有料)
キッズコース(1F)600円※3歳以上(要保護者同伴)
※身長100cm以上、体重40kg未満の人が利用可
展望台300円※3歳から有料
※10歳以下は要保護者同伴
※ハーネスを付けては上がれません

時間を指定されます。それまでは自由行動。その間にお土産を買ったり動物を見に行ったりしましょう♪

◆アルプスジム体験!

時間になるとアナウンスが流れます。

1グループ10人弱の人数で振り分けられ、まず手荷物全てロッカーに預けます。ポケットの中もすべて空っぽです。もちろん携帯も持ち込めません(-“-) ここはしっかりと守りましょう!落下させて下の人にケガをさせても困るからね~

安全器具装置の取り付けに入ります。 簡単にいうと命綱!!

10人の体験者に対し、スタッフが3~4人がかりで対応してくれます。体にしっかりと固定されているか何度も確認します。その後、安全器具の先端にある2つのカラビナ(金属製フック)の取り扱い説明と練習。子供も一緒に聞き、一緒に練習をします。

使い方は至ってシンプル。どちらか片方しか開かない構造で、次のアトラクションへ移動する際に、片方のカラビナを開錠するともう片方がロックされる仕組み。

必ず、どちらかのカラビナがワイヤーに繋がっている状態になりますので、安全が確保されるということだよね! こちらのカラビナの練習が5分ほど。その後、アルプスジムです♪

1階は キッズコースで小さいお子さん対象。140cm未満と指定されてます。

2階以降でチャレンジです(*^_^*)

◆◆さあ、最上階の4階です

とりあえず、4階まで階段で上がってみます。それも全てカラビナを使いながら。ただし、ワイヤーが高い位置にあり、150cmの私は背伸びしたり階段に上がりながらやらないとそもそも届かない。これ150cm未満の人は人にやってもらわないといけない気がします。命綱なのに人に託すという・・・・

アドレナリンでまくり、足ガクガク、声も出ない

命綱を両手で持って腰が引ける、まさにその気持ち
アスレチックも意外と難易度が高い

この高さ感じることできますか・・・?

風が吹いたら落ちる、と思う。ほど。風速制限はあるのかなぁ?

◆最後に・・・・

とりあえず、屋外ですが雨でも体験可能

ブルーメの丘 今日明日の天気予報

  • 小雨の中行きましたが、アスレチック中は雨も止んでいました。なので良かったのですが、天候が怪しいときは、わたしなら行きません 笑
  • 特に風が強い日は避けます。
  • こちらのアトラクションは一方通行ではなく、いろいろなルートで楽しめます。が、1階から4階までの行き来ができる階段が1か所しかありません。全員が各階で階段の1か所に戻ってくることになるので、アトラクションにがんばれない人が停まっていると渋滞して階段までなかなか戻れない(-“-)。階段付近も渋滞してる。。。。階段が2か所くらいあればいいのになぁ
  • 万が一足を滑らせてアトラクションから落ちてしまっても命綱のおかげでブラブラできてます。大声で叫べばスタッフさんが助けに来てくれる(*^_^*) なんだけど・・・そのスタッフさんも利用者が詰まっているとなかなか助けに行けない、という始末。これってどうなんだ??と思ったりね~結局わたしが見たほとんどの人は腕力で自力で戻ってた(笑
  • 体調が万全な日で、運動のしやすい服と靴、フード付きは引っかかるのが怖いので控えるといいかも
  • 小さいお子さんもたくさんチャレンジしていたし、これから来る長い夏休みや秋の行楽の思い出のひとつにもいいかもです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です